初心者必見!資金管理で失敗する人の3つの共通点

Pocket

バイナリーオプションで気をつけなければいけないポイントは、
なんといっても資金管理です。これに尽きます。

資金管理さえしっかりできていれば、
バイナリーオプションで利益を上げ続けることは
そんなに難しいことでありません。

株やFXのように専門的な知識がなくても
”資金管理がしっかりとできていれば勝てる”という性質が
バイナリーオプションにはあるのです。

ただ、その『資金管理』がとってもとっても難しいんですけどね(–;

ということで!
今回は資金管理で失敗してしまう人の共通点について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




1、自分の収入に見合った資金以上をつぎ込んでしまう

「バイナリーオプションを始めるぞ!」となった時に
あなたはいくら用意するでしょうか?

口座にいくら入金するでしょうか?

1万円の人もいれば、10万円、100万円という人もいるでしょう。

ちなみに私が初めに口座に入金したのは5000円です。

5000円なら1000円エントリーで5回はできますし、
万が一全てのエントリーで負けて全額溶かしてしまったとしても
困らない程度の金額です。

…とはいっても、5回連続で負けるなんてことは
ギャンブル的なエントリーをしない限り滅多にないと思います。

バイナリーオプションの資金はあらかじめ決めておきましょう。

・収入の△%まで
・毎月1万円
・お小遣いの余った分
・飲み会を1回我慢した分

なんでもいいんです。自分なりのルールを決めましょう。

バイナリーオプションの口座に入金するのは
万が一全額溶かしてしまっても困らないだけの金額だけです。

間違っても生活費や貯金なんかに手をつけてはいけません!

2、エントリー額をむやみに上げてしまう

口座に入っている資金に対して、エントリー額を考え、
そのエントリー額を守ることを徹底しましょう。

例えば、ものすごく調子が良くて5連勝していたとします。

1,000円エントリーでペイアウト率が1.85だった場合

(1,000×1.85)×5=9,250

5,000円だった資金は9,250円になります。

そこで、「5連勝もしてるんだ、次もいけるだろう!」と変な自信が湧いてきて
エントリー額を5,000円に上げたとします。

しかし、ここで1回負けてしまえば資金は4,250円となってしまいます。

元の5,000円を下回ってしまいますよね。

勝っているから、調子がいいからといって
エントリー額をあげるのは絶対にNGです。

3、マーチンしてしまう

マーチン(マーチンゲール)を簡単に説明すると
負けたら次で倍の金額をかけて、負けたぶんを取り戻そうとする
ということです。

これは資金が永遠に続くのであれば、絶対に負けません。

しかし、バイナリーオプションでは1回の掛け金に上限が設けられているので
いくら資金があったとしても、マーチンは聖杯にはなりえないのです。

とはいっても、
負けたはずのトレードが、次に倍の金額をかけることで
損失分を取り戻すことができるどころか、利益まで出てしまうんですから、

これは癖になってしまっても、当然といえば当然です。

一度マーチンを成功させたことのある人は
次も、次もとしてしまうようになります。

マーチンとはまさに『禁断の果実』です。

「負けても次で取り戻せるから…」なんてマーチンありきのトレードを
普段からしてしまうようになったら要注意です。

負けても次で取り戻そう、
大丈夫、次で取り戻せる、
大丈夫、大丈夫、次でなんとか…

なんてやってるうちに、ドツボに陥ってしまって
そこから抜け出せずにー終了ーです。

バイナリーオプションで資金を大きく溶かしてしまう一番の原因はマーチンなのです。

初心者のうちはマーチンはやめておきましょう。

最後に…

いかがでしたでしょうか?

バイナリーオプションの資金管理は難しいです。

勝っていれば「もっともっと」と欲が出るし、
負けていれば「このままでは終われない」と焦りが出ます。

私もどちらも経験があります。

5,000円の資金が8,000円を超えた時、
「今日中に1万まで増やすぞ!」と欲をかいて
根拠のうっす〜いエントリーをして4,000円まで資金を減らし
「負けたままでは終われない!」と焦って変なエントリーをし
最終的には資金が1,000円になったこともあります。

資金管理もメンタル管理もできていなかったんですね。

資金管理で失敗する人の3つの共通点
一つでも当てはまる項目があった方は要注意ですよ!

あなたは大丈夫でしたでしょうか?

Japanese all-rounder

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする